記事リスト

丈夫なので最適な素材

子供たち

表面加工で水にも強い

ランドセルの大きさやカラーや飾りは昔とは変わってきましたが、牛革のランドセルの人気は以前と変わることはありません。牛革のランドセルは小学生の特に低学年には重くて持ち運びが大変なのではないかと不安に思う人がいるかもしれませんが、実は人工皮革のランドセルと比べても同じ使い方をしたら200g程度しか変わらないのです。牛革の最大の特徴はなんといっても丈夫なことです。小学生が毎日6年間という長期間使うランドセルは大人が使うかばんよりもハードな環境で使われることになります。重い教科書が何冊も入り常にランドセルは重く生地にも大きな負担がかかります。6年使うことになるランドセルは大人でいえば10年以上使うレベルのかばんになるため、丈夫な牛革は理想的な素材になります。また牛革は使えば使うほど味がでてくるので、本物を求める人は好んで天然皮革の牛革を使ったかばんや財布を使います。子供にも本物の良さを知ってもらうことができ、味がでてくることは子供にもわかってもらえて、6年生になっても愛着を持って使ってもらえます。牛革は水に弱くて手入れをしないとひび割れてきてしまうと不安に思う人がいますが、ランドセルに使う生地は牛革以外もみな表面加工をされていて水に強くなっているので、牛革も人工皮革も同様に扱うことができます。手入れに関してもそれほど気にする必要がなく、雨でぬれたときには乾いた革で拭く程度でよく、夏休みのときなど長期休暇で気がついた時に牛革用のクリームを塗るケアをするくらいで充分です。

Copyright© 2018 ランドセル選びは慎重に行なおう【チェックすべき点をリサーチ】 All Rights Reserved.