記事リスト

出産のお祝いに応える

赤ちゃん

贈る側のマナー

子供の誕生にあわせて身近な人から贈り物を頂いた時は、出産内祝いでお返しをします、出産内祝いは元々返礼ではなく子供が誕生した喜びを分かち合うために贈っていたものです。晴れやかな日に相応しい品物を探すようにしましょう。相手に喜んでもらうためには高価な出産内祝いをプレゼントしたくなりますが、金額にはマナーがあります。基本的に頂いた品物の二分の一以下の額の商品を買うようにしましょう。子供が生まれたばかりの時期は何かと忙しくなりがちですが、出産内祝いは頂いてから二ヶ月以内に送るのがマナーです。できればお宮参りの辺りにプレゼントし、新生児が生まれた喜びを共有するようにしましょう。出産内祝いには熨斗をつけるのが一般的です。フォーマルな贈り物ですから、熨斗をつけられない場合はカードを用意するようにしましょう。マナーを守ることによって支えてくれる人たちと長く良い関係を築くことができるのです。出産内祝いを購入から発送まで請け負ってくれる業者もありますので、カードを用意するのが難しい場合そうしたサービスを選択できるお店を利用すれば手間がかかりません。出産内祝いでプレゼントする品を探す際は、相手の立場に寄り添うことが大切です。食べ物は好き嫌いがありますから、事前に確認できない場合は避けた方が無難でしょう。調味料であれば好き嫌いなく活用してもらえますので便利です。また生物は賞味期限が早いため、受け取る人の状況が分からない場合は贈らないようにしましょう。長く持つ加工食品の方が安心できます。

Copyright© 2018 ランドセル選びは慎重に行なおう【チェックすべき点をリサーチ】 All Rights Reserved.