記事リスト

少子化でも伸びている業界

ランドセル

多様化による市場規模拡大

現在の日本では出生率が下がり、少子化が進んでいることは有名です。子供に関する産業も年々厳しくなっています。しかし、その中で市場を延ばし続けている業界があります。それはランドセル業界です。なぜこの時代にランドセルが人気を保ち、さらにそれを拡大させているのでしょうか。まず、第一の理由は価格帯が広がり、各自の予算や希望に応じて色々なランドセルから選べるようになったからです。昔は百貨店で売るものが中心とされていましたが、今は職人が一つ一つ手作りする高価な工房系のものから、大手のスーパーマーケットがオリジナルで販売する安価なものまで、様々なランドセルが売り出されています。また、2つ目の人気の理由は色の多様化です。これまでは男の子は黒、女の子は赤というのが定番でした。しかし、段々女の子のランドセルにピンクが定番色として現れてくるのに続き、男の子の方にも紺色や茶色が誕生しました。さらにパステルカラーの商品が売り出されると爆発的人気となり、男女関係なく様々な色を楽しむようになりました。色の多様化は、それぞれの子供に「自分のランドセルの個性」を感じさせ、愛着を持たせることへとつながったのです。そのため、子供が積極的に売り場でランドセルを選ぶことも増えました。そして、3つ目の理由は色以外のデザインや素材の多様化です。ランドセルとは関係ない高級車などのメーカーとコラボし、独自のランドセルを売り出すメーカーが増えています。このような理由から、ランドセル市場は毎年その規模を拡大しています。

Copyright© 2018 ランドセル選びは慎重に行なおう【チェックすべき点をリサーチ】 All Rights Reserved.